梅雨


あじさい.png
ジメジメとした〝梅雨の季節〟がやってきましたね、、、
梅雨と言えば、雨が降る日が続きます
季節の変わり目にはわんちゃん・ねこちゃんの体調が崩れることも

そうなる前に、気をつけておきたいことをお話ししたいと思います!


水分を多く含んだ空気は重く下へ溜まり、
湿気によりカビが発生しやすくなっているわんちゃん・ねこちゃん達の目線には感染症やアレルギー疾患等の症状が現れやすくなる危険が潜んでいます

症状として…

ノミ媒介の場合
ノミが寄生しやすいのは、背中・脇の下・下腹部・内股です。
激しい痒みを伴う為、掻いたり舐めたりし、出来た傷に菌が入り込み二次感染が起きたり、脱毛してしまう事が多いです
ねこちゃんの場合、首・尻尾付近でノミやノミの糞を発見したり、ノミの唾液によるアレルギー反応が起きることがあります!

ダニ媒介の場合
ノミ同様アレルギー反応や、激しい痒みを伴い二次的な細菌感染が起こったり、
耳に寄生する耳ヒゼンダニ、皮膚病をきたすヒゼンダニ、赤血球に寄生し貧血や黄疸の症状をきたすヘモプラズマ症などの感染が起こりうります!


人と動物との間でも感染する感染症が多くあるので、正しくしっかり予防を行うことが大切です



予防方法として…

一般的ではありますが、風の通り道を作って頂き換気をこまめにして頂く事。
また、ノミダニのお薬を使って頂いたり、カビ・細菌など多くなるこの季節にはシャンプーをする頻度を増やし、皮膚を清潔に保つことも大切になります!
※シャンプー頻度を増やす際は、獣医師やトリマーと一度ご相談ください!

わんちゃんが草が生い茂っている所に行ってしまってノミ・ダニを連れて帰ってしまう事や、一緒に暮らす方達が知らず知らずのうちにノミ・ダニを付けて室内に居るねこちゃんに寄生してしまう場合が大いにあります!
特に、山や森などの〝緑〟が多くある場所にはノミ・ダニが好むスポットがありますので、飼い主様や、わんちゃん・ねこちゃんと行く際には注意が必要です

例えば…
気温が高くなり、半ズボンやサンダルを履かれてわんちゃんのお散歩にお出掛けされるかたも居られるかと思います。
そこで注意して頂きたい事は、肌の露出を控えて頂く事です!
また、室内に入る前に洋服を叩いたり、粘着性のある物で洋服をペタペタして頂き、出来るだけ室内にノミ・ダニを侵入させない様な工夫もして頂ければと思います

わんちゃん・ねこちゃんのみではなく、飼い主様や一緒に暮らす方々にも感染するリスクがありますので、少しでもリスクを抑えられるように行って行きましょう!

また、
夏が近づいてくると湿度が高くなり、体内で作られた熱をうまく体外へ排出することが難しくなります。
その為、この時期でも気付かず熱中症になっていることも…
わんちゃん・ねこちゃんは自分で体温調節する事がとても苦手ですので、気を配ってあげる事が必要です
体温を下げる為、こまめにお水を取り替えて頂く事・お水の置き場所を増やしてあげる事も効果的です!




いくつか方法をご紹介いたしましたが、個々のわんちゃん・ねこちゃんに合った方法で色々お試し頂き、しっかり予防して頂く事をお勧め致します





この季節だからではなく、
日々健康チェックをし、様子がいつもと違うようでしたら早め早めに相談をして頂き、わんちゃん・ねこちゃんの負担が少ないうちに治療できるように一緒に頑張りましょう

この記事へのトラックバック